2016年01月03日

父と話せば。。

received_1647764008808479.jpeg昨日は、ショーが昼間で終わりだったので急遽父親の家へ挨拶に行きました。

親父と正月なんて何年ぶりだろう!?ひょっとして20年を軽く越えているのでは!??

そんな親父。この大晦日、近所のお仲間と初詣に行ったらしい。
「初詣なんて人生で3回目くらいだ」


は!?


夜中に行くのが3回目ってこと??


え、そうじゃない??


正月にお参り自体が3回目くらい!??って、行事に興味なさすぎでしょー。
そんな人もいるんです、世の中には。


そんな親父とは、鍋をつつきながら、蟹食べながら、酒を飲む。

沢山話をしました。

じいちゃんの話。
俺もほとんどしらないひいじいちゃんの話。
親父の青春時代の話。
親父が勤めていた会社の話。
世界情勢。
芸術家と権威や名声、権力、そして大衆性の話。



俺は幸せ者なんです。
皆が皆そうじゃないよね。
俺は父親のことも母親のことも大好きなんです。尊敬できるんです。この親から生まれてよかったと思えるんです。
だから尚更、中途半端には生きられないのです。


「出てきたからにはしっかりやれよ」

親父に力強く言われました。


東京へ出て、やり方色々悩みました。が、まずは始めから人を頼るのでなく、自分のできることをちゃんとやろう。きっと誰かが見ていてくれる。
そして必ず力を貸してくれる。


だから、ワークショップとパフォーマンスを決めました。


殺陣工房ワークショップ、1月はドキドキの平日です。
1月5日と12日の火曜日。祐天寺のダンススタジオにて。
一人でも二人でも、集まってくれた方には僕の殺陣観をMAXで伝えます!

そして13日は、ミュージシャンのライヴに参戦。新作一人芝居を上演します!!

東京の皆様も、大阪の皆も、日本各地の皆さん、全世界の仲間達、どうか力を貸してください。


青山郁彦、頑張ります!
posted by 青山郁彦 at 21:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする