2016年05月03日

ベニスの商人 初日あけました。

PhotoGrid_1462228068338.jpgおはようございますきらきら

ベニスの商人、無事に初日が開けてスタートしました。
8日の千秋楽まで駆け抜けます!

昨日は公開ゲネプロ、初日共に満席。
初日は、青山郁彦が2部のショーを担当させていただきました。
ここはイタリアか!?というくらいの客席の盛り上がり。嬉しかった。楽しかったね!ね、お客さん(笑)
観劇いただきましたお客様、ありがとうございました!

大道的なパフォーマンスもそうなのですが、芝居って稽古やリハーサルでは、いかに演出意図に添えるかとか、共演者と創作を共有できるかとか、テクニカルなこととかを作り上げたり落とし込んでいく作業なんだけれど、本番はどれだけそこから解き放れられるかという行動なんだと、今の僕は思うのです。

ついつい昨日の芝居を追いかけたりなんていう先輩が新人にいう駄目みたいなこと。
瞬間たりとも雑念を挟まないように没頭し、それでも勿論テクニカルなことも外さない。うん、殺陣を俺はよく車の運転に例えるけど、芝居もダンスシーンも同じやね。楽しくおしゃべりしながらしっかり安全運転ははずさない。

今回のベニスの商人は、特にショー的な要素が強いから、そういうことに気をとられて芝居が切れないようにしないとと、改めて思うわけです。
昨日がよかっただけにね!

素敵な経験をさせてもらってます。

おかげさまで僕のバサーニオも好評をいただいてます。
でもそれはそれで昨日の話。
それに演劇には主題、テーマがあります。お客様にはそれぞれの趣向があります。マッチするかしないかはやってみないと分かりません。
今日は今日で、今日のお客様にみんなで作り上げてきたベニスの商人がどう届くか、変な期待や予測をせずにただただ解き放とうと思います。

2日目、行ってきます!!!
posted by 青山郁彦 at 07:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする