2016年07月30日

【告知】大阪8月殺陣ワークショップ

FB_IMG_1469864167624.jpg大阪の皆様、お待たせしました!!
8月の殺陣ワークショップの発表です!
夏休みらしく、初めての人でも参加しやすい「殺陣基本」を祝日昼間に設けました!!
これまでやってみたかったけど、、、とおいう方、この機会にぜひぜひご参加ください☆

殺陣工房紹介動画
https://www.youtube.com/watch?v=frFeB3ATO98

8/11(木) 15:00 あべのスポーツセンター 「殺陣基本」
8/11(木) 19:00 あべのスポーツセンター 「複数の立ち回り」
8/15(月) 19:00 アートスペース斬 「殺陣稽古会」
8/16(火) 19:00 アートスペース斬 「マット」

各回参加費 2500円
持ち物 動きやすい服装・タオル・飲み物
    帯にできるもの・たすきにできるもの・木刀(ない方にはお貸しします8/16は不要)

お盆真っ最中でありますが、心地よく汗を流してスキルアップいたしましょう。
8/11は2部制で行います。初めての方は15:00の「殺陣基本」でしっかり基礎を身につけてください◎ 19:00の部はそのまま参加も、見学も可能です。
8/15は稽古会。下半身や刀の振りなど、青山郁彦が普段行っている殺陣の稽古を実際に一緒に行います。
8/16のテーマは前回好評だった「マット」。小学校以来という方も多数いましたが心配無用。みんなでくるくる回りましょう☆

各回定員10名程度となっています。
皆様のお越しをお待ちしています。

参加お申込みはSNSメッセージ、または iku_aoyama@yahoo.co.jp まで

会場案内
阿倍野スポーツセンター 大阪市阿倍野区阿倍野筋3-10-1-100
 地下鉄 あべの駅 または天王子駅より
アートスペース斬 大阪府池田市石橋1-8-15
 阪急宝塚線 石橋駅

青山郁彦
青山郁彦殺陣工房主宰。20代に日光江戸村グループで殺陣・アクションを修行。「立ち回りは表現である」「理にかなった動きは美しい」「どんな場所でもできなくてはならない」「伝わらなくては意味がない」という信念のもと舞台・映像・イベントなど様々な活動中。また女形を含めた大衆演劇の役者(劇団竜劇隊副座長)や火吹きパフォーマンス・創作一人芝居・ダンスイベント出演などの顔も持つ。日俳連アクションライセンス上級。
大阪では劇団ステージタイガー「MUTCH」殺陣振付・出演。関西テレビ「ソードブル〜風刃の蓮〜」アクションスーパーバイザー。びわこ放送「甲賀戦士忍ジャガー」スタント出演。など
posted by 青山郁彦 at 16:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月28日

殺陣回想

【殺陣回想】

こんばんは。
移動の電車の中で、ちょっとこれまでを振り返り。今回、下北沢公演も紀伊国屋公演も殺陣の出番があります。
下北沢「なにわ役者祭」では1対3の30手くらいの立ち回り。
紀伊国屋では、沢先生が「殺陣はこいつがいてくれないと困るんだ」と言っていただいています。誠心誠意をもって沢先生にかからせてもらいます。

僕の殺陣のルーツは、独学でいうともう幼稚園。
一人チャンバラごっこが俺の中で大流行してて(わ、寂しいなー(笑))、夕方友達との遊びから帰った後、庭でずーっと一人アクションやってた。主にリアクション(笑)
小学生くらいかな?聖闘士星矢の壁が何枚もぶっ壊れるリアクションなんか大好きだった。
あとジャッキーのスローで殴られるやつ!!

小学生高学年から中学2年生までは、割りと普通の子供に。世間並の常識を知り、人前でできないことをやることの恥ずかしさを知り、運動神経のいい人気者がジャッキーや西部警察の真似してかっこいいから、こちらはそういうことはしなくなりだし、マンガを書くことに精を出していた。まだ、オタクという言葉が有名になる前の話だ!

なんとなーく普通に中学生活を送っていた俺は、中2の秋?尾崎豊を聞き、突然自我が目覚める!なんとなくじゃダメなんだーー!!という衝動!
なんとなく普通に公立高校へ行くんだろうなーと思っていた俺は、演劇科という未知の学校へ進学。

関西伝説のチーム、ラックのヤフーン出身の徳田さんのアパートに住み込んで、約半年ヒーローアクション漬けの高校生(うちの高校はアルバイト禁止。さらには演劇科はぬいぐるみ仕事禁止でした)ひ弱な身体が毎晩夜中の屋上特訓で徐々に力強くなっていきました。

そして、桐朋学園という演劇の大学を卒業したあとの時代村である。JACの先輩に鍛えられ、そして時代村の忍者劇場全体を演出されていた山田先生にゼロから鍛えていただきました。
よく叱られました。
「早く指導者としてでなく、演出家としてヤクシャノお前と死後とをさせてくれ」
最後の最後までクリアできずに僕は時代村から独立。僕は時代村中退です。

仲間と一緒につくった笑撃武芸団で約5年。
舞台、映像、大道芸、ショッピングモール、ホームパーティー、ライブハウス、喫茶店、国際展示場、、、
色々な所でやりました。物語の中では自信があった殺陣が路上では全然うけない。
創作力が枯渇して、魅力的な殺陣が全然生まれない。
数限りない苦しみと、何千倍もの喜びとやりがいに溢れた5年間でした。

そしてフリーとなります。
ソロパフォーマンスをするようになったこと。
撮影をスタッフで参加することができたこと。
指導をするようになったこと。
そして大衆演劇との出会いが、また新たな世界を広げてくれました。

というところで、駅に着きましたので、この続きはまた今度ということで(*^皿^*)

8月4日〜7日 「なにわ役者祭」
8月8日 沢竜二「ある旅役者の記録」

よろしくお願いいたしますきらきら
posted by 青山郁彦 at 21:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月26日

親父と飲む

DSC_0167.JPG昨夜は親父と飲んできました。
関東に住む父親。
部屋探しの時に泊まりにきて、いつの間にか半年以上が過ぎ(@_@)、東京へ来てから初めての訪問です。
「姉貴のとこには行ってるのか?」
ん!?埼玉に住む姉貴のとこも最近行った気がするんだけどいつだったか?
引っ越し前?うーーむ、俺ってやつは。。。

年をとったおかげが、最近は少しづつ親父の若い頃の話など聞かせてもらえるようになってきました。俺も最近は親父に敬語でなく話せるようになってきたし(^_^;)

音楽家が、この楽曲で何を表現しようとしておるのか。この音楽家はどこを目指して演奏しているのか。

最近俺自身のテーマだ。
忙しさの中、文字どおり心が亡くなる。青山郁彦一人間として、どう在りたいのか。表に表現したいものがあるのか?
演者という表現の絵の具という「仕事」ができるレベルに勿論駆け上がりたいが、それと同時に色々なものを吸収して自分の世界観をより力強く構築したいという、枯渇への恐れや焦りがある。

親父はやっぱり凄い。
元気でいてくれてありがとう!

今日は「なにわ役者祭」稽古初日!
8月4日〜7日 下北沢駅前劇場です。
親父殿、青山敬之助も見に来てくれます!
ぜひぜひ皆様よろしくお願いいたしますきらきら
posted by 青山郁彦 at 11:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする