2016年07月24日

インディペンデント観劇

DSC_0159.JPGDSC_0156.JPG今日7/24(日)、思いの外稽古が早めに終わったので、思い立って王子小劇場へインディペンデントジャパンツアーを見に行ってきました。

インディペンデントとは、大阪の小劇場インディペンデントシアターが主催する一人芝居フェスティバルで、今回は僕も出させていただいた第11回目から第15回目までの5年間・約60作品の中からの選りすぐりで全国を回るという企画。東京公演の最後のブロック4作品を見ることができました。

大阪で何度もイベントで共演したきよみちゃんの芝居。楽曲協力にむんむと松本さんの名前が。確か俺が出た翌年のインディペンデント?あのときは途中からしか見ることができなくて。
演劇の再演って素敵だなと思いました。
映像と違い、本人は年齢を重ねています。
フェスティバルでは、ほぼほぼ初演の演目が、時を重ねて安定感を強め、また演者自身の成長が時を越えて伝わってくる。
色々なものを思い出しながら見ていました。

続く河口仁くんの一人芝居。脚本はジローさん。とってもとっても面白かった。
共にはじめてお会いしたのは5年以上前のこと。
あの頃、関西の小劇場は30代前半くらいの人で回ってるようなイメージがあったのだけど、俺も頑張って成長しているように、みんなもどんどん成長しているんだなと、勝手にしみじみ。

残る2作品も素晴らしかったです。

一人芝居、細かくてエネルギーが必用で、本当に大変な作品。
東京のお客さんが、声をあげて笑い、前のめりになり、幕間に口々に「すごいね」と呟いている。

ジャパンツアーはまだまだ続きます。
仙台、福岡、札幌、三重、沖縄
みなさん、ぜひぜひこの興奮を体験してくださいませ。

みなさん、東京公演、お疲れ様でした!
posted by 青山郁彦 at 22:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする