2016年12月01日

ありがとうございました、佐渡島。

PhotoGrid_1480566403105.png沢竜二と竜劇隊、佐渡島公演、無事に終了しました。
只今、出発が危ぶまれていた雨天の中の船の中で、本州へ向かっているところです。

今年もこうしてお仕事をさせていただき感謝です。
普段は芝居をしていない会場での公演。仕込みから知恵と工夫が試されました。
降りないバトン。しかし今回は舞台転換が結構ある。ドロップを紙テープでの引き落としと、2部は縛り付けての巻き上げでセッティング。
限りある照明機材もシュート位置を工夫。
大変な分だけ芸の財産が増えていく。


芝居では沢竜二先生と「国定忠治」を4日間続けてお相手させていただき、芸の財産としてこの上なく贅沢でした。

普段の大衆演劇の公演だと日替わりなので、ダメをいただいても返す機会がないことが多いので、4日間、毎日を大切に勉強させてもらいました。




はんかいの伝吉。。。



難しかったです!



ベテラン橘新之助さんの浅太郎。
こちらもどういうところを苦心しておられるかなども聞かせていただきながらの4日間。音響をしながら間近で拝見させていただき、僕も演じさせてもらっている浅太郎が、当然ながらまだまだなのだと思い知らされました。


舞踊ショーオープニングは白虎隊。
四年ぶりくらいに白虎隊士でなく官軍をやらせていただき、白虎隊士を相手に1対4の殺陣をやりました。手前味噌ですが、見応えのある殺陣になったと思ってます◎

女形は「雪深深」
お客様、盛り上がってました(⌒‐⌒)
やっぱり4日続けて踊らせていただくというのはいいですねきらきら


子役のカズは元気っ子。
ゲスト、「がっちりマンデー」のテーマ曲を歌っている瀬戸マドカさんは、芝居やショーでも気配りよく色々裏も手伝ってくださり、とても助かりました。1月にはこないだNHKホールで共演した純烈のみなさんと一緒のコンサートがあるそうです。繋がりっていきますね!
俺についてきてくれてる里野くんも、数々失敗もありながら(^_^;)毎日必死でくらいついてきてくれました。ナイスガッツ!


何よりどんなトラブルが起きても絶対お客様を喜ばせて帰らせるんだという沢竜二先生の姿が、本当に本当にかっこよかったです!!!



佐渡島、今年もありがとうございました。
また来年も、帰ってきたいな八分音符
posted by 青山郁彦 at 13:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする