2016年12月20日

僕と獅子舞

想いを綴るにゃもってこいの移動時間。
富士のお山の隣を過ぎつつ
今日は獅子舞のことを書いてみよう。
郁彦です。

来年元旦、成田の某所で獅子を舞うことになりました。
おっとこいつは、青山郁彦ー!としての出演でないので、ご覧になりたい方はこっそり直接メッセージ送ってくだされ。

さてさて、伝統ある江戸の獅子を教わり舞わせていただくことになったのですが、獅子舞といっても色々あるの、知ってました?
俺は昔は知らなかった。
こいつを読んでくれてる人の中でも「いや獅子舞ったら普通あれでしょ」と思う方があるかもしれませんが、その「普通」レベルからして全然違うのですよ。
あらびっくり!


俺が子供の頃からイメージしていたのは、唐草の布をまとった二人獅子。俺はこれがオーソドックスなスタンダードだと思ってました。イラストなどで使われる獅子舞もだいたいこのイメージですよね。

でもね、獅子舞で画像検索してみたら、本当に色んな写真が出てくるんですよ。

伊勢神楽の獅子は刀や扇子を持ったり、時には振り袖姿で人の肩の上に乗ったりします。

土地によっては、相当大きい獅子の舞もあったり、梯子に登る獅子もあったり

東日本では、お腹に太鼓をつけた獅子が沢山あるとのこと。会津の方で見た気がします。

登別伊達時代村にいたころ正月には獅子舞対忍者という演目をやってました。雪の上の立ち回り。滑るんだぁ(;´∀`)

笑撃時代には、オリジナルの二人獅子。

中国の獅子はアクロバット満載ですよね。

今度舞う獅子は一人獅子。みかんを食べたりします。

あなたの土地のお獅子はどんなお獅子様ですか?
posted by 青山郁彦 at 10:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする