2017年09月13日

慰問公演終了?

PhotoGrid_1505229122985.jpg_20170913_000756.JPG1505222433966.jpg青山郁彦殺陣工房
慰問公演、終了しました。

稽古の時間は限られている。
技術的なものは毎日の積み重ねであり、今更どうなるものでない。
ただし、目の前の人に楽しんでもらおうという気持ち、一緒にこの空間を最高のものに刷るんだという意思や覚悟は、新人もベテランも関係ない。

単なる自分たちの発表会でなく
上から目線の慰問でなく
その空間をよいものにするにどうしたらいいか
に全力を注ぐ。

殺陣というものを通じて、僕の「演じることへの心」をみんな受け取ろうとしてくれているんだなと、勝手に感じてます。

1時間の公演も無事に乗り切り
会場は大いに盛り上がりました◎
食材を買い込んで青山家にて打ち上げきらきら

みんな本当によく頑張りましたきらきら
お疲れ様でした(///∇///)
posted by 青山郁彦 at 12:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月05日

沢竜二アンコールライブ稽古!!!

DSC_0117.JPGFB_IMG_1504595841999.jpgFB_IMG_1504595830136.jpg告知的には今週末のWソロ公演に全力を注がねばならない時期なのですが、、

今日は9月18日に蒲田で行われる「沢竜二アンコールライブ」の稽古でした。
まさかの東京にほとんどいない僕のために、沢先生があわせて作ってくれた稽古スケジュール。

ライブハウスで「一本刀土俵入り」をどう劇化するのかと思っていましたが、流石沢竜二先生です!ここでしか見られない、素敵な「一本刀土俵入り」が生まれます!!

大衆演劇、映画、大劇場、そして小劇場と小屋を選ばず演じてきた沢竜二先生。
歌手としても凄い先生なのに、ライブハウスでコンサートでなく芝居とショーをやる!
きっとこの人は本当に命あるかぎり新しいことに挑み続けるんだなと、心打たれました。

80を越えて、まだまだ意欲的に活動をする沢竜二。
僕の役目としては、同世代や若い世代の人達にその沢先生の凄さを伝えていくことだと思いました。
勿論、僕も出演します。いい役をもらってます。
でもそれ以上に、ぜひ沢竜二を見に来てください!

9月18日(月祝)蒲田ニューエイトですきらきら

今週末の埼玉県飯能市のWソロ公演と併せてよろしくお願いいたします◎

青山郁彦スケジュール

9月8日〜10日
(埼玉県)なみやなぎスタジオ「Wソロ公演」出演

9月12日
(兵庫県)福祉施設 殺陣工房慰問公演

9月14日
(兵庫県)幼稚園 ソロパフォーマンス

9月15日
(関西)詳細未定 乞うご期待

9月17日
(群馬県)絣の郷円形交流館 「芝居×殺陣ワークショップ」

9月18日
(東京都)蒲田ニューエイト「沢竜二アンコールライブ」出演

11月末〜
(東京都)IHIステージアラウンド 劇団新感線「髑髏城の七人season月 下弦」出演

12月10日
(千葉県)「創作狂言 里見八犬伝」

12月14日
(東京都)浅草公会堂「全国座長大会」
posted by 青山郁彦 at 19:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月01日

夏の終わりに

received_272418559924344.jpegreceived_272418473257686.jpegIMG_20170830_223220.jpg昨日は、ほーーーっとしてがくんと力抜けちゃいました。
初めて?夕食作る元気もなく、弁当買って
風呂も入らず寝ちゃいました。

色々節目の日でした。
うん、夏が終わっていくんだ。

伊勢安土桃山城下街の外部出演者、田巻くんの半年に渡る今回の出演が昨日、無事に終わりました。

アクション系の事務所より派遣されてきた田巻君。なかなか忍者の劇場での出演ができず、苦しい期間もあったと思います。
今、全国的に騒がれている【忍者不足】はこういうことなのです。なりたい、やりたい人は多数いても、劇場の演出のクオリティがあり、
そして何より忍者の演技というものは中途半端で出演すると大事故に繋がる危険が伴うものなのです。

僕が出演している期間、ありがたくも城下街より指導係の任務をいただき、僕が信長の忍びにデビューするときも、ずーっと一緒に稽古して、8月に帰って来た時も毎晩一緒に稽古して、8月半ば、遂に忍者に出演しました。

1日でも早く、一人でも多くの忍者が欲しいという状況と、
絶対に近い安全が確認できない限り、デビューはさせられないという状況。
忍者として仕事をしたければレベルアップしかない。

一方この半年で、通常アクション事務所の仕事ではなかなか演じないであろう、奉行の役や、忍者先生の役等、幅広く役者の仕事をできたこと。これは大きな財産だと思う。

ともかくもこの半年、知らない人だらけの所へ飛び込み、責任感と周囲への気配りを絶やさず、自分の目標へ向かって戦い続けた姿は胸を打ちました。

最終日の最終回を僕が共演できたことは、とても嬉しいことでした。
田巻くん、次の舞台も頑張って!!!

そして昨日はもう一つの節目。
田巻君がデビューするまでは朝稽古。
デビューしてからは毎日夜稽古を付き合っていた小豆畑君が、昨日遂に総見通し稽古をクリアし、本日より忍者デビューとなったのです。
田巻に続け!!

指導係をいただいた僕としては、この8月後半は自分との戦いでもありました。
夏の東京での仕事で、自分としてはありえないミスをおかし、大きな迷惑をかけてしまいました。自分ではできると思っていたことが、沢山のことをやり過ぎて、全体への注意力や精神体力が保てていなかったことが原因でした。
その疲労を抜くまもなく、城下街へ戻り、
朝は次へ続く田口君の指導、そこから2回の忍者ステージと水掛ソーラン。夜は小豆畑君の稽古。帰宅したらもうぶっ倒れるしかないので、朝5時に起きて9月8日からの埼玉県飯能市の一人芝居の準備。
丁寧に自分を観察し、できることとできないことを見極め、怪我をさせない起こさない、さぼらないけど張りつめない。毎日、その日の自分のベストを出す。

そんな日々の中、自分の目標のために、僕にくらいついてきてくれた小豆畑くんが、無事に今日のデビューまでたどり着いてくれました。
危険が伴う忍者劇場です。怒鳴りもしました。昨日できたことが今日できなくなってたら、永遠にデビューなんかできないぞ!!と叫んだ日もありました。
そんな小豆畑君、指導係としての青山からは昨日で卒業です。
今日からは同じ共演者として、大忍者劇場を盛り上げていきます。

根岸座長の言葉。何よりもまずは安全が第一。
独りよがりにならず、しっかり相手を見て、勢いでやらずに正確に冷静に。

小豆畑くん、今日から共に頑張ろう!

そんなこんなで指導係の任務を果たすことができたと思ったら、ふわーーっと力が抜けちゃって、昨日は自炊しないで弁当にしちゃいました。自分への贅沢ご褒美。

今朝も早朝から、一人芝居の案内メールすみません。
9月8日〜10日は、埼玉県飯能市でパントマイムと朗読とともに一人芝居で出演します!
どうぞよろしくお願いいたしますきらきら

さぁ、伊勢安土桃山城下街、残り3日です!
行ってきます!!!
posted by 青山郁彦 at 08:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする