2018年03月20日

頭も衣替え

DSC_0794.JPGDSC_0797.JPGおはようございますきらきら

昨日は殺陣ワークショップでした◎
はじめましての方もいて、にぎにぎしく、
皆様お疲れ様でした(///∇///)

そして今日
春になり、おらも毛皮を脱ぐ季節。
朝から軽量化してきました。
昼からは【沢竜二の世界】公演の稽古でーす。

3月23日(金) 大阪 殺陣ワークショップ
都島スポーツセンター
3月29日(木) 東京 殺陣ワークショップ
目黒エコプラザ
3月31日(土) 川越 江戸の日 街頭時代劇出演
4月3日(火)〜8日(日) 【沢竜二の世界】
池袋 シアターカッサイ
posted by 青山郁彦 at 11:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月08日

殺陣ワークショップやります!!

_20180308_094045.JPG髑髏城での戦いの日々より1ヶ月。

お待たせしました!
青山郁彦殺陣工房 殺陣ワークショップ 開催します!!

東京 3月19日(月)!!!!
大阪 3月23日(金)!!!!

今回は何人くらい来られるかしら?
最大10名程度で締め切らせてもらいます。

◎殺陣って何!?
演劇の中の格闘場面の演技。特にその中でも刀や槍など武器を使用した場面を差すことが多い。また、その場面のみを切り取って演目としたもの。

◎なんで殺陣だけ別に練習するの?
格闘の場面は大変危険であり、安全に演技をするためにはいくつかの約束事が設けられています。
また武器を使った演技は、武器の使い方が分からないと出来ません。たこ焼き屋を演じるためにたこ焼きの焼き方を練習するのと同じです。

◎大変そうだけど面白いの?
面白いです!!!(郁彦個人の感覚。個人差あり(笑))
本来殺伐としているはずの格闘場面をスカッと爽快な表現に転換した【殺陣】という文化は、世界に誇る日本の財産です(///∇///)
日本の殺陣も、香港のカンフーアクションや現代感覚のダンスなどと融合し、様々な形に発展進化しています。
青山郁彦殺陣工房ではその名の通り、【殺陣】というツールを使って多様な演劇表現を探求します。その旅はとてもとても楽しいものです(⌒‐⌒)

見て楽しい
やって楽しい
やってから見ると尚楽しい
無限ループの殺陣の世界

ぜひぜひ体験に来て下さい

青山郁彦殺陣工房 紹介動画
https://youtu.be/frFeB3ATO98

東京
3月19日(月)19時〜21時
目黒パーシモンホール 練習室
参加費 2500円
持ち物 動きやすい服装。足元は裸足で行います。
木刀、帯とたすきにできる紐があれば持参ください。
こちらで貸し出しもできます。

大阪
3月23日(金)19時〜21時
都島スポーツセンター 多目的室
参加費 2500円
持ち物 動きやすい服装。足元は裸足で行います。
木刀、帯とたすきにできる紐があれば持参ください。
こちらで貸し出しもできます

お申し込み
メッセージまたはiku_aoyama@yahoo.co.jpまで
@名前
A希望の日時
B人数
C木刀、帯、たすきの有無
をお送りください。
折り返しご連絡いたします。

なお、質問などもお気軽に◎

皆様のご参加をお待ちしていますきらきら

青山郁彦

☆写真は関西での慰問公演より☆
posted by 青山郁彦 at 10:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月01日

4月 池袋公演

1519860728338.jpgおはようございます。

只今岩手県で公演中ですが、、

4月の東京での舞台のチラシ写真が届きました!!
池袋のシアターカッサイです!
6日間で三本の芝居をやります!!

取り急ぎ公演情報のみですが、
皆様ぜひぜひよろしくお願いいたしますきらきら

髑髏城の七人を経て、郁彦が成長できたかどうなのか、是非とも見に来て下さい!

昨年座長大会でも出演するとしてもらった
上州真田武将隊で出会った優太と、
鳥獣戯画の再演で僕と同じ役を演じ、郁彦振り付けの個人舞踊を踊ってもらった戸川真君の
2名も出演です!

昨年松尾芸能賞を受賞して、ますます意欲的になっている沢竜二先生。
2年前に傘寿を越え、こうして大暴れする芝居をいつまで見れるか分かりません。
ぜひぜひよろしくお願いいたしますきらきら

チケット問い合わせは郁彦までよろしくお願いいたします。

『沢竜二の世界』
日時 4月3日〜8日 14時/18時
金額 前売り指定 4000円 前売り自由 3500円
会場 シアターカッサイ(池袋駅)
芝居 3日4日「大利根月夜」
5日6日「森の石松」
7日8日「無法松の一生」
posted by 青山郁彦 at 08:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする